強迫性障害

強迫性障害とは、意志に反して頭に浮かんでしまう強迫観念によって、
わかっていながら何度も同じ確認をくりかえしてしまい、
日常生活にも影響がでてくる状態のことです。

 
illust2817
 

たとえば、手の汚れが気になって何度も手を洗ったり
戸締りを何度も確認してしまう、といった過剰な行為を繰り返して
しまう状態に陥ります。

このような行為を止めたい思っても、止めようとすると不安が募り、
安心感を得られるまで強迫行為を止めることができないのが特徴です。

 

治療法

強迫性障害の治療には、お薬による薬物治療と認知行動治療が効果があります。

薬物治療では、強迫性障害の原因の1つと考えられている
セロトニンの異常を調整する働きを持つ薬を使用します。

また、認知行動療法とは、日常生活の中で生じるさまざまな問題に対して、
患者さんがどのように考え、行動し、感情や身体が反応するのかを把握して、
その対処法を考え、現実的に判断して柔軟に行動することを促す治療法です。

薬物療法の後に認知行動療法を行う方法が効果が高いと言われています。
 

まずはどのような症状があるのかをお伝えください。
当院では薬だけでなく、精神療法による治療を重視いたしております。
また症状に応じて薬での治療となります。

 

toia

 

 

Copyright© 2010 村岡クリニック|広島県呉市の心療内科・精神科 All Rights Reserved.